疲れやすく、暇を面白く過ごせないヒトの為の見直すべき強み

あたしは依然として一般的に若いと言われる品種に入る世代だが、中でも体調に変はないのだが、最も疲れやすく、休日のうち毎日は寝て暮すといった暮らしを余儀なくされていた。
それで知り合いたちが健康的に活発に暇を楽しむのを見た目に見ながら、あたしには関係ないことと諦めていた。ただし、ある時これではいけないって、真剣にボディにあたって考え始めた。
そうして様々な考え錯誤を繰り返し、今では、休日も思う存分元気に味わえる、嬉しい生活を送っている。そこであたしが試行錯誤の末にいきついた独自のボディ法をまとめたいという。
 一旦あたしは、食べ物が非常に偏っていることに気付いた。予めおなかが軽く少食な結果、少ない量しか食べていない上に、食に注意が安く食品が好きではない人なので、適当に思いついたものを買って、簡単に調理して食べるという食のあり方だった。栄養分についての理解も乏しかったので必要な栄養分について調べると、とりあえずタンパク質が大幅に足りておらず、またミネラルやビタミン系統も足りていないということがわかった。そこで、決して細い算段は面倒なので特に”まごは容易い”を念頭に豆みたい、ごま、わかめ、野菜、きのこ、芋系統、魚肉類を基本的に食膳に盛るように指し、またビタミンといったミネラル(鉄も盛り込む)の栄養剤も朝食後に呑むことにした。
 次に、実行が嫌いでできるだけ貫くようにしていた体調にムチを打ち、一年中3kmだけでいいと言い聞かせて、何かのついでに散歩、ジョギングをすることにした。
あたしが健康のために変えたのはこれだけである。もはや実践されているあちこちからすれば、何を当たり前のことをと思われるかもしれないが、あたしにとっては栄養分をたっぷり採り、軽々しい運動をするとして、思っていた以上の疲れづらいという作用を実感し、面白い年月を寛げるという心からポイントを得ることができた。ますます素早くすればよかったと後悔しているぐらいです。アフターピルを念のために処方していてもらう

コメントは受け付けていません。